小さな撹乱

こんばんは。

 

先日、夏の終わり頃に予定している作品撮りの練習をしてきました。以前の↓のエントリーで触れた撮影の練習です。

 

最後のピース - 今夜はカメラをしまって

 

本番で使おうと思っている場所の下見。そして使おうと思っている機材のテスト。唯一本番と異なるのは、写っているモデルさんが違うだけ。今回は友達にお願いして、「どこにも公開しない」という約束のもとで練習台になってもらいました。

 

振り返ると、練習という位置付けで写真を撮ったのは今回が初めてかもしれません。それは決して僕が練習嫌いというわけでありません。「どこかの誰かがきっと見てくれるはず」。どんな写真を撮るときも僕はそんな願いをこめてシャッターを切っています。だからこそ、誰の目にも触れないことが始めから決まっていた今回の撮影は、少し不思議な感じがしました。

 

しかし今回の練習は、もちろん、本番で良い写真を撮るためのもの。改善点がいくつも見つかり、収穫の多い練習となりました。もうあと1回くらい練習の撮影を設けて、本番に備えたいと思います。

 

 

今回のような、いただいたお仕事ではない写真を撮っていると、良く、「何でそんなことをやってるの?」「そんなことをやって何にかになるの?」と聞かれます。中には、「意味あるの?」とストレートに言葉をぶつけてくる人も。

 

こうした言葉をかけられることは、写真を始めてからというもの日常茶飯事なので、いつもはぐらかして終わるのですが、特に理由なんてありません。ただ撮りたいから撮る。それだけです。

 

そして活動(事業)という視点にもとづけば、確実に言えることがあります。それは、何らかの成果に繋がるまでには時間がかかるということ。

 

 

僕には目標にしているあるフォトグラファーがいます。独自の世界観で多くの作品を手掛ける凄腕のフォトグラファーで、彼が新しい作品をSNSにアップすると、世界中から多くの反応がよせられます。僕自身も、彼のSNSが更新されるのをいつも心待ちにしている一人です。

 

しかし、彼の初期の頃の作品ページを見ると、ほとんど観てくれる人がいない状態だったことが伺えます。作品のクオリティも、本当に駆け出しの頃だったことが見て取れる。でも、根底に流れる彼の感性は、多くのファンを抱える今とまったく変わっていない。初期の頃から一貫した想いがあって活動していたことが写真を通じて伝わってきます。そして、彼の想いに技術が追いついてきた頃を境に、彼の写真に魅せられた人が国境を跨いで増えていったことが分かります。そうした状態になるまで、数年の歳月を要したようです。

 

「これほどまでに凄いフォトグラファーでも、長い長い下積みの時代があったんだな」。彼の初期の作品を見る度に、そんなことを思わせてくれます。

 

洗練された彼の今の作品も、誰の目にも留まっていなかった初期の作品も、どちらも僕は大好きです。

 

 

秋に予定してる作品制作。

それを無事に撮り終えることができたとしても、それがすぐに何かに繋がるということはおそらく無いでしょう。

 

でも、たとえどんなに小さな動きであったとしても、それが小さなうねりのようなものを生み出し、それがめぐりにめぐって、やがては形のある何かになって自分のもとに帰ってきてくれる。僕はそう固く信じています。精神論ではなく、これまで活動を続けてきた中で、経験を通じて理解した教訓です。「あの時のあの一枚」。それがきっかけとなり、新しいチャンスをいただけたことがこれまで何度もありました。振り返れば、むしろそうしたことがほとんどだったように思います。

 

何が起きるかなんて分からない。誰にも、自分にも。そして、この先誰がいつどこで自分の写真を見てくれることになるかも分からない。そんな中で今の自分にできることは、小さなうねりを起こし続けること。それ以外に無いように思います。

 

そしてこの先のどこかで、自分の写真に興味を持って下さった方が目の前に現れてくれた時に、自分の世界観を投影した作品をすぐに見ていただける状態にしておきたい。いつだって刀は抜けるということを、気に留めて下さった方に伝えられるかどうか。とても大切なことです。

 

先を見据えつつ、今の自分にできることをひとつひとつ積み重ねていきたいと思います。

 

teaser shot

f:id:koichihirose:20170624200709j:plain

 

会いに行きたい

こんばんは。

 

少し前に、カメラマン用の大容量バックパックを購入しました。

 

これまでもカメラマン用のリュック(普通サイズ)を使っていたのですが、それは容量が少なくて、軽装備で対応できる撮影用。今回購入したのは、三脚やパソコン、その他色々なものを詰め込めるサイズのもの。

 

これからはもっともっと行動範囲を広げたいなと昨年あたりから強く思うようになり、撮影の旅のお供をしてくれるものをと思い購入しました。このバックパックを背に、今年こそは普段の行動範囲を飛び出して、知らない土地を色々と巡りたいと考えています(去年は足の怪我のリハビリで一年が終わってしまった)。

 

 

「知らない土地を巡って写真を撮りたい」。

 

多くのフォトグラファーの根源的な欲求とも言えるものだと思いますが、僕はこれこそが、つまり物理的な移動距離こそが、あらゆる創作の担い手の世界観を決定づけるものなのではないかと考えています。

 

見知らぬ地をどれだけ巡り、文化や価値観の異なる人々とどれだけ言葉を交わしたか。それこそが、自分の表現をより深淵なものに昇華させる決定的な要素なのだといつの頃からか信じるようになりました。

 

人種、国籍、性別、政治観、宗教観、性的指向...人と人との間に線を引くような、こうしたあらゆる境界線を超えた域に達するほどの表現力。どんな土地の、どんな文化圏の人々の心にも響く表現力。それを体得するためには、同じ場所に居続けるのではなく、もっともっと多くのものに触れなくてはいけないし、触れてみたい。そして、今の自分に決定的に欠けているものも、この移動距離であることは否めない。そう思う今日このごろです。

 

 

まだ見ぬ街に独り赴けば、きっと多くの出会いが待っていることでしょう。どんな出会いが待っているのか。それを楽しみにしつつ、撮影の旅を早く実現できるように、一日一日を大切にしていきたいと思います。

 

まだ見ぬ人と街に、早く会いに行きたい。

そんなことを思いつつ、明日も頑張ります。

 

f:id:koichihirose:20170531000614j:plain

 

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

未来の話をしていたい

こんばんは。

 

先日、仲の良かった友人と久しぶりに予定を合わせて飲みにいきました。顔を合わせたのは5年振りくらい。フォトグラファーになる前の友人で、当時最も仲の良かった友人の一人でもあります。

 

フォトグラファーになってからは、出会うほとんどの方とは一期一会の間柄なので、長い時間を共にした友人と会うのは本当に久しぶりのことでした。

 

お酒を飲みながら近況を報告しあい、とても楽しい時間を過ごせたのですが...カメラを手にしてから自分は変わったんだなとふと気付くことがありました。

 

それは、思い出話に花を咲かせることに何となく気持ちが向かなくなったということ。もちろん旧友との再会はとても楽しかったのは間違いないのですが、昔話で盛り上がることに心のどこかで小さな抵抗を感じていました。

 

 

写真を始めて以来、自分の頭の中を巡っているのは常に未来のこと。

 

「こんな場所に行って写真を撮りたい」

「こんな人達を撮ってみたい」

「こんな活動をしてみたい」

「今年は・・・」

「来年は・・・」

「何年後かには・・・」

 

そんなふうに未来のことばかりを思い描いていると、不思議と出会うのは、同じように、思い描く未来を実現しようと毎日を頑張っている方たち。ご一緒させていただいた時間はほんの僅かですが、写真を始めてからは、世代や国籍を問わず、未来を語りあえる方たちとの多くの出会いに恵まれました。

 

そんな中での写真を始める前の旧友との再会。話題の多くが昔話となってしまったことに、少し戸惑ってしまった自分がいました。「あの時は楽しかった」、「あの時は良かった」。そうした会話はとても楽しいし、感傷に浸る気分も悪くは無いけれど...でも、やっぱり自分は未来の話をしていたい。この先も、未来の話でお互いのことを語り合える人と出会いたい。ふとそう思う自分がいました。

 

 

マスメディアなどで「未来」という単語が使われる際は、どことなく「壮大なものでなければいけない」という言葉の裏のプレッシャーが存在していると僕は感じています。しかし、大きさはまったく重要でないように思います。どんなにささやかなことであっても未来は未来。むしろ小さなことのほうが近いうちの実現の可能性を強く感じて逆にワクワクしたり。

 

 

そして写真というものは、収めた瞬間から、物理的には過去のものとなります。でも、僕は写真を「記録媒体」とは考えていません。写って下さった方が、自分の明るい未来を予感できるような、未来に連れて行ってあげられるような写真。そんな写真をお撮りしたいと僕は考えています。もちろん、そこに年齢は関係ありません。

 

そんな未来に繋がる写真をお撮りするためにも、撮り手である僕自身が、未来を見据えて一日一日を大切に過ごさなくてはいけない。

 

そしてそして...世の中を見渡せば、自分の未来を描けずに苦しい日々を過ごしている人達も、決して少なくないでしょう。そんな方たちにも、写真を通じてほんの小さなきっかけをお渡しできたら...いつか僕が取り組んでみたい活動のひとつです。

 

 

 

未来の話をしていたい。

どんなにささやかなことでもいいから。

少なくとも今はそう思います。

 

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

悔しさ真正面

こんばんは。

 

来月からまたしばらく文章を書く時間を持てなくなってしまいそうなので、時間を持てる今のうちに記事を書いておこうと思います。気持ちの整理のためにも。

 

 

一年ほど前から、ある日常的なことを苦しく、そして辛く感じるようになりました。それはインターネットやSNSを見ること。と言っても、いわゆるSNS疲れといった類のものではありません。僕は情報リテラシーは比較的高いほうだと思っているので、適度なバランス感覚でインターネットやSNSと接することができていると思います。

 

何を苦しく、そして辛く感じるようになったのかというと、写真を見ること。ネット上の様々なwebサイトや、SNSにアップされる写真を見るのがとても苦しく感じるようになりました。

 

世界には星の数ほどのフォトグラファーがいて、皆がそれぞれ個性豊かな写真を手がけている。そうした写真の数々を見るのが、以前はとても楽しかったし、そうした写真を見たくてネットやSNSを開いていました。

 

でも一年ほど前からは、段々とそれが苦しいものに。そして苦しくなってしまった理由は、悔しいからなのだと最近になって気付きました。

 

技術、経験、実績。何もかも自分よりも優れている個性溢れる世界中の先輩フォトグラファー達。以前はそうした方々の写真を、単純な憧れの気持ちで楽しく観賞していました。「自分もいつかこんな写真が撮れるようになれたらな」と。

 

しかしここ最近は、そうした憧れる気持ちは一切なくなり、ただただ悔しさだけが焦燥感とともに気持ちを支配するのみとなりました。「自分にだってきっと出来るはずだ」と。

 

昔のフォトグラファーにとっては、作品を観てもらう手段といえば、紙媒体や個展がメインでした。しかし現代のフォトグラファーにとっては、インターネットやSNSが主戦場。僕が感じるようになった悔しさは、試合に出れずにベンチからライバルの活躍を見つめるしか無い控え選手のそれと同じなのだと思います。

 

でも...そんな悔しさを以前にも増して感じるようになったのも、先輩フォトグラファー方の凄さが以前にも増して分かるようになったのも、自分の成長の証。そこにまた新たな一筋の光を見出しています。

 

そして、「見るのが苦しい」と言っても、「見たくない」という訳では決してありません。個性的な写真を見るたびに、悔しさと焦りで感情がいっぱいになってしまいますが、そこから目を逸らしてはいけない。悔しさを真正面から受けとめ、そしてその悔しさを薪に変えて、自分の中の篝火に一本また一本とくべていきたい。そんなふうに思います。

 

頑張ります。

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

願いを込めて

こんばんは。

 

先日、僕自身のプロフィール写真を撮っていただきました。

 

カメラマンといえば、一期一会でお客様と顔を合わせる仕事。だからこそ、写真作品だけでなく、自分の顔もHPやSNS上でしっかり出さなくては...。そうずっと思っていたのですが、後回し後回しにし続けること約4年。これまではプロフィール写真の代わりにカメラのアイコン画像を使っていたのですが、それは適当にネットから拾ってきたフリー素材。特に想い入れがあったわけでもありませんでした。

 

後回しにし続けてしまった理由に、僕自身は写真に撮られるのが超がつくほど苦手というのがあります。恐怖心すらあるくらい本当に苦手なのですが、撮られるのが苦手というカメラマンは結構多いようです。

 

しかしいくら苦手とは言え、活動の幅をこれからもっと広げたいのであれば、さすがにプロフィール写真が無いのは良くないなと思い、重い腰を上げて撮っていただきました。

 

でも、どんなプロフィール写真にするかは一切迷いませんでした。僕のポートレートスタイルといえば、やはり夜のストリート。僕の原点です。

 

 

これからも多くの一期一会に恵まれますように。

お撮りした写真が、関わって下さった一人一人の方の心に小さな火を灯せますように。

 

そんなことを願いながら、HPやSNSのプロフィール写真を差替えました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:koichihirose:20170526184124j:plain

photo by Keiko.H & Mayumi.F

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

小さな変化、一日ひとつ

こんばんは。

 

写真を始めたのが多くのカメラマンよりも遅かった僕は、毎日焦る気持ちを抑えながら自分の写真に向き合っています。「焦りは禁物だけど、でも早く追いつかなくては...」と。

 

常に焦る気持ちに苛まれているそんな僕が心がけていることがあります。

 

それは、一日ひとつ、変化するということ。たった一つでいいから、そしてどんなに小さなことでもいいから。

 

変化が必ずしも進化に繋がるとは限らないし、退化に繋がることもある。けれども、変化無くして成長無し。成長の源泉である自分の中の小さな変化を日々実感し、そうした毎日をコツコツと積み重ねていけば、焦る気持ちに苛まれることなく、表現の追求に集中できるようになるはず。そう考えて、いつの頃からか、小さな変化をすることが日課のようになりました。

 

小さな変化。多くは写真表現の技術的な変化ですが、時には表現のコンセプトだったり、フォトグラファーとしての精神性の部分だったり。とにかくどんな小さなことでも良いから、昨日の自分とは違う今日の自分、今日の自分とは違う明日の自分になれるように心がけています。その積み重ねがきっと、やがては大きな大きな開花に繋がると信じて。

 

 

最近また少し写真の表現を変えてみました。

 

以前は自分の中では絶対的な悪としていた要素があって、それをいかに抑えるかということをこれまでかなり重要視していました。かなり細かい技術的なことなので文章にすると長くなってしまうのですが、ビールやワイン、コーヒーなどの飲み物における苦味や渋みのようなもの(これらは悪ではないので正確な例えではないのですが、なんとなくのイメージとして)。それをいかに取り除き、クリアで淀みのない高純度の写真を撮るかということに主眼を置いていました。

 

しかし最近気付いたのは、そうした苦味や渋みのようなものをほんの僅か加えることで、もともと追求していた高純度な表現がより際立つということ。一般的には悪とされるものをあえて一定の割合で加えることで、全体の調和が取れ、より洗練されたものになるということ。

 

世の中を見渡せば、純度の高いものに対して経済的な価値が見出されていることが多いと思います。それは希少性が高いからでしょう(ペットや貴金属など)。そして何か別の要素が混じっていると、経済的価値観からするとそれはネガティブなこととして捉えられる場合が多いのではないでしょうか。

 

しかし、生き物も含め、個体が有する本質的な強さと靭やかさは、対極の位置にある要素が最適なバランスで調和してこそ生まれる。裏を返せば、単一の要素だけで構成されたものはとても脆い。そうした自然の理のようなものは、写真の表現においても同じなのかもしれないな、とそんなことを思いました。

 

 

小さな変化を一日ひとつ。

 

そんなことをコツコツと積み上げていった先で、星の数ほどの技が高い圧力で封じ込められたような、そんな作品をいつか撮れるようになれたらと思います。

最後のピース

こんばんは。

 

久しぶりのブログ更新です。

これからまた活動のレポートや写真にかける想いなどを綴っていけたらと思います。よろしければお付き合いください。

 

さて、梅雨の訪れ、そしてその向こうの夏の訪れをそよ風から肌で感じる今日このごろ。最近は年初に立てたいくつかの目標の現時点の進み具合を振り返っていました。その中でも自分にとって最も重要なこと、「2017年に必ず実現したい」と強く思っていることがあります。

 

それは、自分の象徴となる作品を制作すること。

 

 

僕はどんな撮影のときでも、心がけていることがあります。それは、記録としての写真だけではなく、ご依頼を下さった方、そして写真を観てくださる方の記憶の奥深くに残り続けるような、そんな"作品"としての写真を撮るということです。

 

今、僕のHPには1,000枚以上の写真を掲載させていただいています。振り返ればかなりの枚数にはなりましたが、その数字自体には意味を感じていません。達成したい枚数目標もありません。僕にとってはどの一枚もかけがえのない作品であり、写って下さった一人一人の方に想い入れがあるからです。そして「この先も一枚一枚にこだわって撮り続けられたらいいな」と思いながら活動を続けてきました。

 

しかし、フォトグラファーとして、クリエイターとしてこれから更に成長を加速させるためには、見過ごせない大きな課題がありました。

 

それは、自分のiconと言える作品は、まだ一枚もないということ。

 

第一線で活躍するクリエイターには、その方の世界観を象徴する代表作と言えるものが必ず存在します。写真に限らず、あらゆる創作の分野で言えることでしょう。そして"代表作"というのは、制作者本人による自己評価ではなく、その作品に触れた人々の間で自然と"代表作"として語られ、認知されていくもの。

 

そうしたフォトグラファーとしての自分を象徴する作品は、悔しいですがまだ一枚もありません。今HPに掲載させていただいている作品は、どの一枚も僕にとってとても愛おしい作品達です。しかし、それらとはまた違う、別の次元の作品が必要なのだということ。うまく書けないのですが、完全な、そして純粋なオリジナルブランドはまだ無い、そんな状態です。

 

昨年はこうした課題を強く感じていたため、自分を象徴する作品を制作することを今年の最大の目標として掲げたのが、昨年末のことでした。

 

 

「自分の世界観を象徴する作品。それはそもそもどんなものなのだろうか。」

 

年初に目標を立てて以来、そんなことをずっと考えていました。

 

写真を始めたきっかけ、写真で実現したいこと、影響を受けたもの、自分が大切にしていること、自分の原点、想い、精神性、未来。

 

色々なことを考えて、やっと制作コンセプトが具体的になってきました。どんな場所で、どんな作品を撮るのか。その方向性も定まってきました。

 

 

しかし、決定的に重要な要素であり、僕の写真の生命線がまだ欠けています。

 

それはモデルさん。僕の写真の世界観とシンクロしてくださるモデルさんの存在です。

 

もう既に僕の中では「ぜひ撮らせてほしい」という方がいます。唯一無二の世界観を持った方です。「時期がきたらぜひ相談させてください」とちらっとだけお伝えしたことはあるのですが、しっかりした形でのお願いはまだできていません。

 

そんな最後のピースとも言えるモデルさんの承諾を無事にいただくことができたら、あとは手を動かすのみ。

 

 

うまく事が進めば、撮影は今年の下半期を予定しています。

もうあとしばらく先のこととなりますが、先を見据えつつ、一日一日を大切にしていきたいと思います。