悔しさ真正面

こんばんは。

 

来月からまたしばらく文章を書く時間を持てなくなってしまいそうなので、時間を持てる今のうちに記事を書いておこうと思います。気持ちの整理のためにも。

 

 

一年ほど前から、ある日常的なことを苦しく、そして辛く感じるようになりました。それはインターネットやSNSを見ること。と言っても、いわゆるSNS疲れといった類のものではありません。僕は情報リテラシーは比較的高いほうだと思っているので、適度なバランス感覚でインターネットやSNSと接することができていると思います。

 

何を苦しく、そして辛く感じるようになったのかというと、写真を見ること。ネット上の様々なwebサイトや、SNSにアップされる写真を見るのがとても苦しく感じるようになりました。

 

世界には星の数ほどのフォトグラファーがいて、皆がそれぞれ個性豊かな写真を手がけている。そうした写真の数々を見るのが、以前はとても楽しかったし、そうした写真を見たくてネットやSNSを開いていました。

 

でも一年ほど前からは、段々とそれが苦しいものに。そして苦しくなってしまった理由は、悔しいからなのだと最近になって気付きました。

 

技術、経験、実績。何もかも自分よりも優れている個性溢れる世界中の先輩フォトグラファー達。以前はそうした方々の写真を、単純な憧れの気持ちで楽しく観賞していました。「自分もいつかこんな写真が撮れるようになれたらな」と。

 

しかしここ最近は、そうした憧れる気持ちは一切なくなり、ただただ悔しさだけが焦燥感とともに気持ちを支配するのみとなりました。「自分にだってきっと出来るはずだ」と。

 

昔のフォトグラファーにとっては、作品を観てもらう手段といえば、紙媒体や個展がメインでした。しかし現代のフォトグラファーにとっては、インターネットやSNSが主戦場。僕が感じるようになった悔しさは、試合に出れずにベンチからライバルの活躍を見つめるしか無い控え選手のそれと同じなのだと思います。

 

でも...そんな悔しさを以前にも増して感じるようになったのも、先輩フォトグラファー方の凄さが以前にも増して分かるようになったのも、自分の成長の証。そこにまた新たな一筋の光を見出しています。

 

そして、「見るのが苦しい」と言っても、「見たくない」という訳では決してありません。個性的な写真を見るたびに、悔しさと焦りで感情がいっぱいになってしまいますが、そこから目を逸らしてはいけない。悔しさを真正面から受けとめ、そしてその悔しさを薪に変えて、自分の中の篝火に一本また一本とくべていきたい。そんなふうに思います。

 

頑張ります。

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

願いを込めて

こんばんは。

 

先日、僕自身のプロフィール写真を撮っていただきました。

 

カメラマンといえば、一期一会でお客様と顔を合わせる仕事。だからこそ、写真作品だけでなく、自分の顔もHPやSNS上でしっかり出さなくては...。そうずっと思っていたのですが、後回し後回しにし続けること約4年。これまではプロフィール写真の代わりにカメラのアイコン画像を使っていたのですが、それは適当にネットから拾ってきたフリー素材。特に想い入れがあったわけでもありませんでした。

 

後回しにし続けてしまった理由に、僕自身は写真に撮られるのが超がつくほど苦手というのがあります。恐怖心すらあるくらい本当に苦手なのですが、撮られるのが苦手というカメラマンは結構多いようです。

 

しかしいくら苦手とは言え、活動の幅をこれからもっと広げたいのであれば、さすがにプロフィール写真が無いのは良くないなと思い、重い腰を上げて撮っていただきました。

 

でも、どんなプロフィール写真にするかは一切迷いませんでした。僕のポートレートスタイルといえば、やはり夜のストリート。僕の原点です。

 

 

これからも多くの一期一会に恵まれますように。

お撮りした写真が、関わって下さった一人一人の方の心に小さな火を灯せますように。

 

そんなことを願いながら、HPやSNSのプロフィール写真を差替えました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:koichihirose:20170526184124j:plain

photo by Keiko.H & Mayumi.F

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph

 

小さな変化、一日ひとつ

こんばんは。

 

写真を始めたのが多くのカメラマンよりも遅かった僕は、毎日焦る気持ちを抑えながら自分の写真に向き合っています。「焦りは禁物だけど、でも早く追いつかなくては...」と。

 

常に焦る気持ちに苛まれているそんな僕が心がけていることがあります。

 

それは、一日ひとつ、変化するということ。たった一つでいいから、そしてどんなに小さなことでもいいから。

 

変化が必ずしも進化に繋がるとは限らないし、退化に繋がることもある。けれども、変化無くして成長無し。成長の源泉である自分の中の小さな変化を日々実感し、そうした毎日をコツコツと積み重ねていけば、焦る気持ちに苛まれることなく、表現の追求に集中できるようになるはず。そう考えて、いつの頃からか、小さな変化をすることが日課のようになりました。

 

小さな変化。多くは写真表現の技術的な変化ですが、時には表現のコンセプトだったり、フォトグラファーとしての精神性の部分だったり。とにかくどんな小さなことでも良いから、昨日の自分とは違う今日の自分、今日の自分とは違う明日の自分になれるように心がけています。その積み重ねがきっと、やがては大きな大きな開花に繋がると信じて。

 

 

最近また少し写真の表現を変えてみました。

 

以前は自分の中では絶対的な悪としていた要素があって、それをいかに抑えるかということをこれまでかなり重要視していました。かなり細かい技術的なことなので文章にすると長くなってしまうのですが、ビールやワイン、コーヒーなどの飲み物における苦味や渋みのようなもの(これらは悪ではないので正確な例えではないのですが、なんとなくのイメージとして)。それをいかに取り除き、クリアで淀みのない高純度の写真を撮るかということに主眼を置いていました。

 

しかし最近気付いたのは、そうした苦味や渋みのようなものをほんの僅か加えることで、もともと追求していた高純度な表現がより際立つということ。一般的には悪とされるものをあえて一定の割合で加えることで、全体の調和が取れ、より洗練されたものになるということ。

 

世の中を見渡せば、純度の高いものに対して経済的な価値が見出されていることが多いと思います。それは希少性が高いからでしょう(ペットや貴金属など)。そして何か別の要素が混じっていると、経済的価値観からするとそれはネガティブなこととして捉えられる場合が多いのではないでしょうか。

 

しかし、生き物も含め、個体が有する本質的な強さと靭やかさは、対極の位置にある要素が最適なバランスで調和してこそ生まれる。裏を返せば、単一の要素だけで構成されたものはとても脆い。そうした自然の理のようなものは、写真の表現においても同じなのかもしれないな、とそんなことを思いました。

 

 

小さな変化を一日ひとつ。

 

そんなことをコツコツと積み上げていった先で、星の数ほどの技が高い圧力で封じ込められたような、そんな作品をいつか撮れるようになれたらと思います。

最後のピース

こんばんは。

 

久しぶりのブログ更新です。

これからまた活動のレポートや写真にかける想いなどを綴っていけたらと思います。よろしければお付き合いください。

 

さて、梅雨の訪れ、そしてその向こうの夏の訪れをそよ風から肌で感じる今日このごろ。最近は年初に立てたいくつかの目標の現時点の進み具合を振り返っていました。その中でも自分にとって最も重要なこと、「2017年に必ず実現したい」と強く思っていることがあります。

 

それは、自分の象徴となる作品を制作すること。

 

 

僕はどんな撮影のときでも、心がけていることがあります。それは、記録としての写真だけではなく、ご依頼を下さった方、そして写真を観てくださる方の記憶の奥深くに残り続けるような、そんな"作品"としての写真を撮るということです。

 

今、僕のHPには1,000枚以上の写真を掲載させていただいています。振り返ればかなりの枚数にはなりましたが、その数字自体には意味を感じていません。達成したい枚数目標もありません。僕にとってはどの一枚もかけがえのない作品であり、写って下さった一人一人の方に想い入れがあるからです。そして「この先も一枚一枚にこだわって撮り続けられたらいいな」と思いながら活動を続けてきました。

 

しかし、フォトグラファーとして、クリエイターとしてこれから更に成長を加速させるためには、見過ごせない大きな課題がありました。

 

それは、自分のiconと言える作品は、まだ一枚もないということ。

 

第一線で活躍するクリエイターには、その方の世界観を象徴する代表作と言えるものが必ず存在します。写真に限らず、あらゆる創作の分野で言えることでしょう。そして"代表作"というのは、制作者本人による自己評価ではなく、その作品に触れた人々の間で自然と"代表作"として語られ、認知されていくもの。

 

そうしたフォトグラファーとしての自分を象徴する作品は、悔しいですがまだ一枚もありません。今HPに掲載させていただいている作品は、どの一枚も僕にとってとても愛おしい作品達です。しかし、それらとはまた違う、別の次元の作品が必要なのだということ。うまく書けないのですが、完全な、そして純粋なオリジナルブランドはまだ無い、そんな状態です。

 

昨年はこうした課題を強く感じていたため、自分を象徴する作品を制作することを今年の最大の目標として掲げたのが、昨年末のことでした。

 

 

「自分の世界観を象徴する作品。それはそもそもどんなものなのだろうか。」

 

年初に目標を立てて以来、そんなことをずっと考えていました。

 

写真を始めたきっかけ、写真で実現したいこと、影響を受けたもの、自分が大切にしていること、自分の原点、想い、精神性、未来。

 

色々なことを考えて、やっと制作コンセプトが具体的になってきました。どんな場所で、どんな作品を撮るのか。その方向性も定まってきました。

 

 

しかし、決定的に重要な要素であり、僕の写真の生命線がまだ欠けています。

 

それはモデルさん。僕の写真の世界観とシンクロしてくださるモデルさんの存在です。

 

もう既に僕の中では「ぜひ撮らせてほしい」という方がいます。唯一無二の世界観を持った方です。「時期がきたらぜひ相談させてください」とちらっとだけお伝えしたことはあるのですが、しっかりした形でのお願いはまだできていません。

 

そんな最後のピースとも言えるモデルさんの承諾を無事にいただくことができたら、あとは手を動かすのみ。

 

 

うまく事が進めば、撮影は今年の下半期を予定しています。

もうあとしばらく先のこととなりますが、先を見据えつつ、一日一日を大切にしていきたいと思います。

しばらくブログはお休み(2017年冬再開予定)

こんばんは。

 

歳末の候、いかがお過ごしですか?

 

お休みをゆったり過ごされている方もいらっしゃれば、まだまだお仕事という方もいらっしゃると思います。

 

そういえば、知り合いのカフェの店長さんが「31日の20時までお店が営業で、その後に掃除で...」と辛そうに言っていました。もう既に疲れた顔をしていて本当に大変そうで、言葉だけでも労ってあげなければ...と、そんなことを思いました。

 

普段は忘れがちになってしまいますが、大多数の人が安心してゆっくり休める日があるというのは、その裏でお仕事をされている方がいるからですよね。例えを挙げたらきりがありませんが、自然を相手にお仕事をされている方、病棟に勤務されている方、社会インフラにまつわるお仕事をされている方などなど。本当にお疲れさまです。

 

 

 

ぼくはというと、年内最後の撮影は昨日29日に終えました。

 

でも、パソコンの前での作業が色々と残っていて、それらを新年に持ち越したくないので、ひたすらカタカタカタカタ作業作業の年の瀬です。

 

新年に持ち越しても大丈夫なものもあるのですが、やはりできるだけすっきりした気持ちで新しい年を迎えたいので...「これとこれとこれは大晦日の夜までに終わらせる!」と決めて、画面に向かっています。

 

明日の大晦日の夜は、街を撮りに出かけたいので、それまでには絶対に終わらせようとここ数日頑張っていたのですが、何とか目処がたったので、今こうして息抜きがてらこのエントリーを書いています。

 

 

 

 

 

さて、今年の夏に始めたこのブログですが、しばらくお休みしようと思います。

 

いくつかの思いがあって書き始めたこのブログ。

 

現状はとりとめもない内容のエントリーばかりになってしまっていますが、にもかかわらず前回のエントリーを読んでくださった方から応援のメッセージをいただいたり、絵画について触れたエントリーを読んでくださった方から「お部屋のほかの絵も見てみたい!」とのお声をいただいたりしました。

 

読んで下さるだけでも十分ありがたいのに、反応までいただけるというのは、本当にうれしいことですし、とても励みになります。ありがとうございます。

 

始めたばかりのブログなのでわざわざ大げさにお休みすることをお知らせする必要もないと思っていたのですが、こうして毎回欠かさずに読んでくださっている方がいると最近になって知り、筆をとった次第です。

 

 

 

お休みの理由をちょこっとだけ。

 

ぼくはフォトグラファーではありますが、2017年は写真以外にもいくつかのことに挑戦しようと考えています。もちろん、それらは写真と親和性があるもので、写真の活動の幅をもっと広げるための取り組みです。

 

ご依頼をくださる方に、そして写真を見てくださっている方にもっともっと楽しんでもらえるように、自分ができることをもっともっと増やさなければ...と、この1年は自分の手持ちの武器の少なさを痛感させられた一年でした。

 

何か新しい物事に挑戦するときは、それなりの時間と労力と、そして忍耐が必要ですよね。どれだけ情熱を燃やしても、体は一つしかない。なので、今現在取り組んでいることの中から一旦お休みするものをここ数日の間で選んでいました。その中の一つがこのブログというわけです。

 

新しい挑戦にリソースをドドッとつぎ込んで、慣性の法則が効いてきたころには、また更新を再開したいと思います(来年の今ごろを目標にしています)。その際は、またふと思い出したときにでも立ち寄っていただけたら、とても嬉しいです。

 

 

 

 

明日は大晦日。

 

クリスマスから続くお祝いムードに街はずっと包まれていますね。

 

でも、ニュースに耳を傾けたり、あるいはちょっとでも想像力を働かせれば、不本意な状況で年を越さざるをえない方も沢山いるということに気付かされます。

 

そんな方たちにも、ささやかな元気をお渡しできるような、そんな作品をこれからもお届けできたらと思います。

 

理想を実現するのはとても難しいですが、それがぼくが写真を撮る大きな理由の一つです。芸術の役割はそこにこそあると、ぼくは固く信じています。

 

(あ、お祝いムードを自粛しようとか全然そんなのじゃ決してありません!お休みを満喫できる方はしっかり楽しみましょう笑。ぼくも明日からしっかり休んで楽しみます!)

 

それでは、みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。またお目にかかれたらと思います。

 

広瀬

f:id:koichihirose:20161230224008j:plain

湧き水のように

こんばんは。

 

今年もあと10日間ほどですね。

 

12月から1月にかけて、ほとんどの企業や事業体で一年のレビューが行われると思います。きっとみなさんもそんな時期ではないでしょうか。

 

ぼくもこの時期に1年の総括をするようにしています。

 

定量的にはどうだったのか。定性的にはどうだったのか。

 

とても悔しいですが、春先の怪我の影響もあり、定量的には厳しい結果に終わってしまいそうです。苦しいですが...しっかりと結果を正面から受け止めなければいけません。

 

しかし定性的には、確かな成長を遂げることができたと感じています。撮影の技術、フォトグラファーとしてのメンタリティー、そうしたものを1年前の自分と比べてみると、「これができるようになった!」「こうした考え方ができるようになった!」と胸を張れることがいくつもあり、まずまずの手応えを感じています。

 

一方で、自分に不足している技術や、自分の意識が弱かった部分を痛感させられたところも山ほどありました。それらは今後の新しい課題として、また一つ一つ磨いていきたいと思います。

 

 

そして...

 

もっとも大切なこと。

 

自分の軸であり核となる部分。

 

フォトグラファーとして自分が進んで行きたい方向に、自分はしっかりと向かえているのか。自分の写真を追求できているのか。現在地はどこなのか。

 

 

こうしたことを冷静に見つめてみると、焦りを覚えざるを得ません。

 

目先の数字や技術ではなく、もっと大きな視点で、長い長い年月をかけて進んでいくような、そうした航海の地図のようなもの。

 

その目的地と自分の現在地との距離を測ってみると...ほとんど縮まっていないような気がしてなりません。

 

本当にやりたいこと。本当にやらなければいけないこと。

 

沢山あるのに、実現できているのはほんの僅か...。

 

「早くしないといけない...時間はどんどん流れているのだから...」と焦る気持ちでいっぱいになります。

 

 

ただ、そうした焦る気持ちに囚われながらも、一つだけ、自分はとても幸せなんだと気付かされることがあります。

 

それは、向かいたい方向が、目的地が、遙か遠くではあるけれど、見定めることができているということ。航海図と羅針盤は手元にあるということ。

 

もちろんそれはゴールではありません。そもそも物事の追求にゴールはないので、ぼくの中にもゴールという考え方はありません。カメラを携えている限りはずっとずっと続いていく道のりの、でもまずは辿り着かなければいけない一旦の目的地。そんな感じです。

 

カメラを始めたばかりのころの自分は、五里霧中でした。どっちに進んでいいのかわからず、でもとにかくまずは技術を身に着けないといけないという思いで毎日シャッターを切っていました。「このまま続けていて本当にうまくなるのだろうか...もしうまくなれたとしても、それは果たしていつのことなんだろう...」。撮った写真をパソコンに取り込んで、大きな画面で出来をチェックしては、そのヒドい出来に落ち込む毎日でした。

 

でも今は、数え切れないほどの多くの方の胸をお借りしながら、なんとか霧の中は抜け出せたような気がしています。まだまだかけ出しの自分のカメラに笑顔を向けてくださった方には、ただただ感謝の気持ちしかありません。そうした多くの方の優しさに支えられ、辞めようかと迷ったことは一度もありませんでした。(諦めようかと迷うほどに大きな何かに挑戦したというわけでもないのですが汗)

 

進む速さをなかなか上げることができずに焦る気持ちはあります。

 

でも、

 

少しずつだけど確かに向かっている。いつかは必ず辿り着く。

 

そうした実感が、湧き水のように静かな、でも確かな自信と勇気のようなものを自分に与えてくれている。そんな気がしています。

 

 

 

そしてそして....

 

こうして振り返る出来事がある、自分を見つめ直すことができるというのも、ご依頼をくださった方、撮らせてくださった方、作品を見てくださった方がいてはじめてできることです。ぼくの写真は、こうした方々無しにはそもそも成り立ちません。ぼくの中では、出会った全ての方それぞれに思い入れがあります。またどこかでお会いできたらとても嬉しいです。

 

月並みな言葉でしか感謝の気持ちを伝えられないのがとてももどかしいのですが....本当にありがとうございました。

 

 

 

 

みなさんはどんな一年でしたか?

 

うまくいったことも、うまくいかなかったことも、その全てを糧にまたこれから進んでいけたらいいですね。

 

 

そして今週末はクリスマスですね。

 

華やかな街の雰囲気とは裏腹に、クリスマスもお仕事という方もいらっしゃると思います。

 

ぼくも今週末は終日、パソコンの前での作業が確定してしまっています(笑)しかも終わらなさそうでヤバい...(汗)

 

お互いがんばりましょう。

 

それでは、風邪にはくれぐれもお気をつけて。

 

 

連作に掛ける想い

こんばんは。

 

今夜はふと思い立って...たまには写真にかける自分の思いを少し言葉にしてみようかなと思います。もしよかったらお付き合いください。

 

さて、みなさんは連作という言葉を聞いたことはありますでしょうか。これは創作の世界において、複数の作品をまとめて1セットの作品として制作されたもののことを言います。

 

例えば有名どころで言うと、クロード・モネの作品を観たことがあるという方はとても多いかと思います。モネの場合は、同じ対象物を、時間帯を変えて描いたり、あるいは季節を変えて描くことで連作を手がけました。水面に浮かぶ蓮の絵のどれかは、誰もが一度はどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

ぼくが好きな連作はというと、部屋の飾りとともにちょっとだけご紹介↓(ぼくは絵画展を観に行くのが好きで、お気に入りの絵のポストカードをお土産コーナーで買って部屋に飾るのがちょっとした趣味となっています。クリアフレームは無印で購入(笑))

 

伊藤若冲『玄圃瑤華』を久谷政樹さんというデザイナーさんがアレンジしたもの(若冲による作品は元は48点存在)。さまざまな虫や植物の版画作品。

f:id:koichihirose:20161207192358j:plain

 

 

伊藤若冲動植綵絵』(実際は30枚の作品)。生き物や植物を豪華絢爛に描いた連作。

f:id:koichihirose:20161207192403j:plain

 

 

アルフォンス・ミュシャ『月と星(の下絵)』。4つの星をそれぞれ女性に見立てて描いた作品の下絵。左から月、暁の明星、宵の明星、北極星。

f:id:koichihirose:20161207192408j:plain

 

 

アルフォンス・ミュシャ『四芸術』。4つの芸術を女性と花に見立てて描いた作品。左上:ダンス、左下:詩、右上:絵画、右下:音楽。

f:id:koichihirose:20161207192415j:plain

 

 

葛飾北斎『諸国瀧廻り』。北斎が様々な土地をめぐり歩くなかで、彼の目に留まった瀧を描いた作品。

f:id:koichihirose:20161207192421j:plain

 

 

 

 

ミュシャ、若冲、北斎。この3人はぼくが写真の作品制作において大きく影響を受けている画家達です。その作風だけでなく、芸術に対する考え方やその生き方についても、とても大きな影響を受けました。(このあたりの話は、またいつか別の機会にできたらと思います。)

 

 

 

 

さて、実はぼく自身も、写真家として作品を制作する際は、連作(あるいはシリーズ)として制作することに強い想い入れがあります。 たった一枚の奇跡的な写真を作品として手がけるよりも、例えばですが、5人の方をそれぞれ被写体とした5枚の写真を1セットの作品として手がけることにこだわりがあります。(もちろん、単品の作品を否定するものでは決してありません。ぼく自身も単品を目的とした撮影も沢山行います。)

 

ちなみにHPに写真作品をアップする際も、意図としては連作として掲載しているつもり(もちろん単品も沢山あります)なのですが、HPの画面の作りからして、写真を観てくださる方にはそれが十分に伝わっていないかもしれませんね...これは一つの大きな課題です(汗)

 

そしてそして...

 

ぼくがなぜ連作に強い想い入れがあるのかと言うと...

 

.........。

 

ここまで書いておいて何ですが、やはり写真家としては写真で表現してなんぼ...。作品を観てくださる方が、そこから自然と何かを感じていただけたら、作家としてとても嬉しいです。もし観てくださる方にとって何も感じるものが無かったとしたら、それはぼくの実力不足ということ。写真にかける想いの強さがまだまだ弱いのかもしれませんし、あるいは、想いを表現するだけの技術が足りていないということなのだと思います。

 

なんだかオチのない文章になってしまいました。。でも、今後掲載を予定している作品の中には、連作も沢山控えています。ふとしたときにでも覗いていただけたらとても嬉しいです。

 

 

最近、朝晩は特に冷え込むようになってきましたね。

風邪にはくれぐれもお気をつけて。

 

それではまた!