読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるダンサーさんとの撮影(前編)

こんばんは。

 

雨の毎日が続いていた先月のこと。ある日、とても光栄な撮影のご相談をいただきました。

 

お話をくださったのは、あるダンサーさん(以下Mさん)。プロフィール写真のご相談でした。

 

ぼくはダンスについては全くの素人です。踊れませんし、観た経験も乏しい。ですがこれまで何度か、Mさんが所属する団体さんの公演をお撮りする機会をいただいていたため、Mさんのパフォーマンスも何度か拝見させていただいてました。

 

ダンスのことを知らないぼくがダンスについて書くのはとてもおこがましいと思うのですが...そこはどうか目をつむっていただいて、今日は記事を書いていきたいと思います。

 

 

さて、みなさんはダンスというと、観て楽しむ側としてはどんなイメージをされますか?ジャンルは多岐に渡りますが、優雅に流れるような動きや、あるいはキレのあるダイナミックな動き、集団での一糸乱れぬ迫力ある演舞などなど、身体的な動き、つまり振り付けにその魅力を主に感じることが多いのではないでしょうか。ぼくもそう感じていました。

 

しかし、以前はじめて間近でMさんのパフォーマンスを見たとき、ぼくはあることに衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。

 

 

 

 

それはある公演のまだリハーサルの日。ぼくも撮影係としてご一緒させていただいてました。照明も本番用ではなく素明かり。そしてプログラムの中には、Mさん扮する少女が次第に獣に変化していくという演目が。

 

これが凄かった!

 

何が凄かったのかというと、それは表情表現。

 

可愛らしくあどけない少女の顔に、次第に不安定な負の感情が混ざり込んでいき、最後にはギラつく獣の顔に。徐々に徐々に、しかし刻一刻と変わっていく顔つきと、交錯する様々な喜怒哀楽を、鮮やかに表現されていました。文章ではその凄さをうまく伝えられませんが、睫毛や眉毛の一本一本の先端にまで神経が通っているかのような、そんなことを感じさせるほどの、多彩で繊細な表情表現の数々でした。

 

「す、すごいな...」と、驚き、圧倒され、そして感動しながらシャッターを切っていたのを今でも良く覚えています。これほどまでに豊かな表情の変化を今まで見たことが無かったので、Mさんのパフォーマンスを目の当たりにして以来、表情による表現というものの認識がぼくの中で大きく変わりました。(表情についてばかり書いてしまいましたが、もちろん全身を使っての表現もとても素敵で格好良く、ファインダー越しに見入っていました。)

 

Mさんの表情の表現にぼくがとても感動したのは、ぼくが人をお撮りするカメラマンだからという背景も、もしかしたらあるのかもしれません。また、ダンサーさんにとってはやはり、表情の表現よりも全身を使った表現に一番注目してほしいという想いがきっと強いと思います。そしてダンサーさん達の本当の凄さやダンスに掛ける想いというのは、素人のぼくには想像できない域にあるのだという、どこか後ろめたさのような気持ちもあります。

 

しかしこの日ぼくがぼくなりの感受性で心を動かされたのも事実...。なので、これらのことを心に留めた上で、このリハーサルの日以降、ぼくは密かにMさんのパフォーマンスのファンになってしまいました。 

 

 

 

 

こうした経緯が(ぼくの中で)あり、多彩な表情を表現するMさんから、プロフィール写真のお話しをいただいたことが、カメラマンとしてとても嬉しく、そしてとても光栄でした。

 

 

しかしここで一つ課題が…

 

ダンサーさんのプロフィール写真って、果たしてどういうのがいいんだろうか…?

 

次回に続きます。 

 

 

※今回お撮りしたプロフィール写真の一部を、広瀬のSNS・HPに掲載させていただいております。ぜひご覧ください。