読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるダンサーさんとの撮影(後編)

こんばんは。

 

前回の続きです。

 

▼前回のエントリー

あるダンサーさんとの撮影(前編) - 今夜はカメラをしまって

 

 

素敵な踊りと多彩な表情で、見る人を魅了するダンスアーティストMさん。そんなMさんから、光栄にもプロフィール写真のお話をいただきました。写真はあるダンスコンペに提出するためのものとのこと。

 

そんな中で一つ課題が...

ダンサーさんのプロフィール写真って、どういうものがいいんだろうか… 

 

もちろん、ネットで検索すれば星の数ほどの写真を見ることができます。しかし、検索して見ることのできる写真というのは、裏を返せば、画一的でありきたりなものとも言える。(表示される写真が良くないというわけでは決して無く、検索エンジンがマジョリティを抽出する仕組みだという意味で)

 

そこでぼくはMさんが出演された公演のDVD(以前いただいていた)を改めて見返してみることに。ダンサーさんならではの身体の魅せ方や、ダンサーさんらしさが良く現れている身体の部位を自分なりの視点で見つけることができれば、それを撮影に活かせるのではないか。そう考えたためです。

 

再生、一時停止、戻し。再生、一時停止、戻し。

 

様々な演目の、様々なシーンをチェックしていくうちに、だんだんと自分なりの仮説ができてきました。「きっと、これとこれ、こことここ...かな?」と(具体的なことは企業秘密です笑)。

 

もちろん、ぼくはダンスのことは分からないので、当たりをつけたポイントが間違っている可能性も低くはなかったと思います。ダンサーさんに直接聞いてみることもできました。

 

しかし、最終的には写真という形に収めることが目的である以上、ここはカメラマンとしての自分の視点を信じたほうがよいのでは?と思い、自分なりのいくつかの答えをもってして撮影に臨むことにしました。

 

 

そして迎えた撮影。

 

流石はMさん。

 

どんな姿勢も、どんなポーズも、どんな表情も、とても素敵にそして繊細に表現されていました。

 

ダンスアートという道を日々追求しているMさん。そんなMさんが身にまとうアーティストとしての凛とした雰囲気が、1枚1枚の写真に吹き込まれていくようでした。

 

 

* 

 

 

後日、無事に写真のお渡しも終え、ひとりモニターで1枚1枚の写真を見返しながら今回の撮影を振り返っていました。

 

素敵に写っているMさんの肖像。

 

しかしどんな内容の撮影であっても、写真をお渡し終えた後のぼくはいつも、緊張と不安と祈るような思いが混ざった気持ちになります。それはなぜなら...たとえどれだけ撮り手である自分が素敵だと感じる写真であったとしても、お渡しし終えてしまえば自分にできることはもう何もなく、お客さまからの、そして写真を見てくださる方からの評価が全てになるからです。

 

何か手を打てることがあれば、こうした不安をきっと和らげることができるでしょう。何も手を打てないというのは、自信の有無とは関係なく、とてももどかしいものですよね。だからこそ、もしまたいつかお話しをいただけたときには、もっともっと良い写真をお撮りできるように、また一つ一つの技を磨いていこう。できることをもっと増やしていこう。強くそう思いました。

 

そしてプロフィール写真の撮影というのは、イベント事の撮影とは少し異なり、撮り手と被写体で一緒に作品作りをするという側面があります。追求しているものは全く異なりますが、今回、素敵なアーティストMさんと共に作品作りをさせていただいたことが、とても楽しくそして光栄でした。

 

 

なんだか最近、どんどん文章が長くなってきていますね。。

もっと読みやすいものにしなければ(汗)

 

でも感謝の気持ちを込めて。

 

 

※今回お撮りしたプロフィール写真の一部を、広瀬のSNS・HPに掲載させていただいております。ぜひご覧ください。