読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湧き水のように

こんばんは。

 

今年もあと10日間ほどですね。

 

12月から1月にかけて、ほとんどの企業や事業体で一年のレビューが行われると思います。きっとみなさんもそんな時期ではないでしょうか。

 

ぼくもこの時期に1年の総括をするようにしています。

 

定量的にはどうだったのか。定性的にはどうだったのか。

 

とても悔しいですが、春先の怪我の影響もあり、定量的には厳しい結果に終わってしまいそうです。苦しいですが...しっかりと結果を正面から受け止めなければいけません。

 

しかし定性的には、確かな成長を遂げることができたと感じています。撮影の技術、フォトグラファーとしてのメンタリティー、そうしたものを1年前の自分と比べてみると、「これができるようになった!」「こうした考え方ができるようになった!」と胸を張れることがいくつもあり、まずまずの手応えを感じています。

 

一方で、自分に不足している技術や、自分の意識が弱かった部分を痛感させられたところも山ほどありました。それらは今後の新しい課題として、また一つ一つ磨いていきたいと思います。

 

 

そして...

 

もっとも大切なこと。

 

自分の軸であり核となる部分。

 

フォトグラファーとして自分が進んで行きたい方向に、自分はしっかりと向かえているのか。自分の写真を追求できているのか。現在地はどこなのか。

 

 

こうしたことを冷静に見つめてみると、焦りを覚えざるを得ません。

 

目先の数字や技術ではなく、もっと大きな視点で、長い長い年月をかけて進んでいくような、そうした航海の地図のようなもの。

 

その目的地と自分の現在地との距離を測ってみると...ほとんど縮まっていないような気がしてなりません。

 

本当にやりたいこと。本当にやらなければいけないこと。

 

沢山あるのに、実現できているのはほんの僅か...。

 

「早くしないといけない...時間はどんどん流れているのだから...」と焦る気持ちでいっぱいになります。

 

 

ただ、そうした焦る気持ちに囚われながらも、一つだけ、自分はとても幸せなんだと気付かされることがあります。

 

それは、向かいたい方向が、目的地が、遙か遠くではあるけれど、見定めることができているということ。航海図と羅針盤は手元にあるということ。

 

もちろんそれはゴールではありません。そもそも物事の追求にゴールはないので、ぼくの中にもゴールという考え方はありません。カメラを携えている限りはずっとずっと続いていく道のりの、でもまずは辿り着かなければいけない一旦の目的地。そんな感じです。

 

カメラを始めたばかりのころの自分は、五里霧中でした。どっちに進んでいいのかわからず、でもとにかくまずは技術を身に着けないといけないという思いで毎日シャッターを切っていました。「このまま続けていて本当にうまくなるのだろうか...もしうまくなれたとしても、それは果たしていつのことなんだろう...」。撮った写真をパソコンに取り込んで、大きな画面で出来をチェックしては、そのヒドい出来に落ち込む毎日でした。

 

でも今は、数え切れないほどの多くの方の胸をお借りしながら、なんとか霧の中は抜け出せたような気がしています。まだまだかけ出しの自分のカメラに笑顔を向けてくださった方には、ただただ感謝の気持ちしかありません。そうした多くの方の優しさに支えられ、辞めようかと迷ったことは一度もありませんでした。(諦めようかと迷うほどに大きな何かに挑戦したというわけでもないのですが汗)

 

進む速さをなかなか上げることができずに焦る気持ちはあります。

 

でも、

 

少しずつだけど確かに向かっている。いつかは必ず辿り着く。

 

そうした実感が、湧き水のように静かな、でも確かな自信と勇気のようなものを自分に与えてくれている。そんな気がしています。

 

 

 

そしてそして....

 

こうして振り返る出来事がある、自分を見つめ直すことができるというのも、ご依頼をくださった方、撮らせてくださった方、作品を見てくださった方がいてはじめてできることです。ぼくの写真は、こうした方々無しにはそもそも成り立ちません。ぼくの中では、出会った全ての方それぞれに思い入れがあります。またどこかでお会いできたらとても嬉しいです。

 

月並みな言葉でしか感謝の気持ちを伝えられないのがとてももどかしいのですが....本当にありがとうございました。

 

 

 

 

みなさんはどんな一年でしたか?

 

うまくいったことも、うまくいかなかったことも、その全てを糧にまたこれから進んでいけたらいいですね。

 

 

そして今週末はクリスマスですね。

 

華やかな街の雰囲気とは裏腹に、クリスマスもお仕事という方もいらっしゃると思います。

 

ぼくも今週末は終日、パソコンの前での作業が確定してしまっています(笑)しかも終わらなさそうでヤバい...(汗)

 

お互いがんばりましょう。

 

それでは、風邪にはくれぐれもお気をつけて。