しばらくブログはお休み(2017年冬再開予定)

こんばんは。

 

歳末の候、いかがお過ごしですか?

 

お休みをゆったり過ごされている方もいらっしゃれば、まだまだお仕事という方もいらっしゃると思います。

 

そういえば、知り合いのカフェの店長さんが「31日の20時までお店が営業で、その後に掃除で...」と辛そうに言っていました。もう既に疲れた顔をしていて本当に大変そうで、言葉だけでも労ってあげなければ...と、そんなことを思いました。

 

普段は忘れがちになってしまいますが、大多数の人が安心してゆっくり休める日があるというのは、その裏でお仕事をされている方がいるからですよね。例えを挙げたらきりがありませんが、自然を相手にお仕事をされている方、病棟に勤務されている方、社会インフラにまつわるお仕事をされている方などなど。本当にお疲れさまです。

 

 

 

ぼくはというと、年内最後の撮影は昨日29日に終えました。

 

でも、パソコンの前での作業が色々と残っていて、それらを新年に持ち越したくないので、ひたすらカタカタカタカタ作業作業の年の瀬です。

 

新年に持ち越しても大丈夫なものもあるのですが、やはりできるだけすっきりした気持ちで新しい年を迎えたいので...「これとこれとこれは大晦日の夜までに終わらせる!」と決めて、画面に向かっています。

 

明日の大晦日の夜は、街を撮りに出かけたいので、それまでには絶対に終わらせようとここ数日頑張っていたのですが、何とか目処がたったので、今こうして息抜きがてらこのエントリーを書いています。

 

 

 

 

 

さて、今年の夏に始めたこのブログですが、しばらくお休みしようと思います。

 

いくつかの思いがあって書き始めたこのブログ。

 

現状はとりとめもない内容のエントリーばかりになってしまっていますが、にもかかわらず前回のエントリーを読んでくださった方から応援のメッセージをいただいたり、絵画について触れたエントリーを読んでくださった方から「お部屋のほかの絵も見てみたい!」とのお声をいただいたりしました。

 

読んで下さるだけでも十分ありがたいのに、反応までいただけるというのは、本当にうれしいことですし、とても励みになります。ありがとうございます。

 

始めたばかりのブログなのでわざわざ大げさにお休みすることをお知らせする必要もないと思っていたのですが、こうして毎回欠かさずに読んでくださっている方がいると最近になって知り、筆をとった次第です。

 

 

 

お休みの理由をちょこっとだけ。

 

ぼくはフォトグラファーではありますが、2017年は写真以外にもいくつかのことに挑戦しようと考えています。もちろん、それらは写真と親和性があるもので、写真の活動の幅をもっと広げるための取り組みです。

 

ご依頼をくださる方に、そして写真を見てくださっている方にもっともっと楽しんでもらえるように、自分ができることをもっともっと増やさなければ...と、この1年は自分の手持ちの武器の少なさを痛感させられた一年でした。

 

何か新しい物事に挑戦するときは、それなりの時間と労力と、そして忍耐が必要ですよね。どれだけ情熱を燃やしても、体は一つしかない。なので、今現在取り組んでいることの中から一旦お休みするものをここ数日の間で選んでいました。その中の一つがこのブログというわけです。

 

新しい挑戦にリソースをドドッとつぎ込んで、慣性の法則が効いてきたころには、また更新を再開したいと思います(来年の今ごろを目標にしています)。その際は、またふと思い出したときにでも立ち寄っていただけたら、とても嬉しいです。

 

 

 

 

明日は大晦日。

 

クリスマスから続くお祝いムードに街はずっと包まれていますね。

 

でも、ニュースに耳を傾けたり、あるいはちょっとでも想像力を働かせれば、不本意な状況で年を越さざるをえない方も沢山いるということに気付かされます。

 

そんな方たちにも、ささやかな元気をお渡しできるような、そんな作品をこれからもお届けできたらと思います。

 

理想を実現するのはとても難しいですが、それがぼくが写真を撮る大きな理由の一つです。芸術の役割はそこにこそあると、ぼくは固く信じています。

 

(あ、お祝いムードを自粛しようとか全然そんなのじゃ決してありません!お休みを満喫できる方はしっかり楽しみましょう笑。ぼくも明日からしっかり休んで楽しみます!)

 

それでは、みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。またお目にかかれたらと思います。

 

広瀬

f:id:koichihirose:20161230224008j:plain