最後のピース

最近は年初に立てたいくつかの目標の現時点の進み具合を振り返っていました。その中でも自分にとって最も重要なこと、「2017年に必ず実現したい」と強く思っていることがあります。

 

それは、自分の象徴となる作品を制作すること。

 

 

僕はどんな撮影のときでも、心がけていることがあります。それは、記録としての写真だけではなく、ご依頼を下さった方、そして写真を観てくださる方の記憶の奥深くに残り続けるような、そんな"作品"としての写真を撮るということです。

 

今、僕のHPには1,000枚以上の写真を掲載させていただいています。振り返ればかなりの枚数にはなりましたが、その数字自体には意味を感じていません。達成したい枚数目標もありません。僕にとってはどの一枚もかけがえのない作品であり、写って下さった一人一人の方に想い入れがあるからです。そして「この先も一枚一枚にこだわって撮り続けられたらな」と思いながら活動を続けてきました。

 

しかし、自分がこれから更に加速度的に成長していくためには、見過ごせない大きな課題がありました。

 

それは、自分のiconと言える作品は、まだ一枚もないということ。

 

第一線で活躍する表現者には、その方の世界観を象徴する代表作と言えるものが必ず存在します。写真に限らず、あらゆる創作の分野で言えることでしょう。そして"代表作"というのは、制作者本人による自己評価ではなく、その作品に触れた人々の間で自然と"代表作"として語られ、認知されていくもの。

 

そうしたフォトグラファーとしての自分を象徴する作品は、まだ一枚もありません。今HPに掲載させていただいている作品は、どの一枚も僕にとってとても愛おしい作品達です。しかし、それらとはまた違う、別の次元の作品が必要なのだということ。うまく書けないのですが、完全な、そして純粋なオリジナルブランドはまだ無い、そんな状態です。

 

昨年はこうした課題を強く感じていたため、自分を象徴する作品を制作することを今年の最大の目標として掲げたのが、昨年末のことでした。

 

 

「自分の世界観を象徴する作品。それはそもそもどんなものなのだろうか。」

 

年初に目標を立てて以来、そんなことをずっと考えていました。

 

写真を始めたきっかけ、写真で実現したいこと、自分が大切にしていること、自分の原点、想い、精神性、そして未来。

 

色々なことをあれこれ考えて、やっと制作コンセプトが具体的になってきました。どんな場所で、どんな作品を撮るのか。その方向性も定まってきました。

 

 

しかし、決定的に重要な要素であり、僕の写真の生命線がまだ欠けています。

 

それはモデルさん。僕の写真の世界観とシンクロしてくださるモデルさんの存在です。

 

もう既に僕の中では「ぜひ撮らせてほしい」という方がいます。唯一無二の世界観を持った方です。「時期がきたらぜひ相談させてください」とちらっとだけお伝えしたことはあるのですが、しっかりした形でのお願いはまだできていません。

 

そんな最後のピースとも言えるモデルさんの承諾を無事にいただくことができたら、あとは手を動かすのみ。

 

 

うまく事が進めば、撮影は今年の下半期を予定しています。

もうあとしばらく先のこととなりますが、先を見据えつつ、一日一日を大切にしていきたいと思います。