タイトル決め

最近、色々と必要に迫られて、日本語の単語を外国語にすると何と言うのかを頻繁に調べていました。これが僕にとってはかなり面白い作業です。

 

僕は語学が好きで、ペラペラ話せるほどでは全然ないのですが、英語とフランス語を学生時代にかなり頑張って勉強しました。両親が英語がネイティブレベル(特に母はネイティブよりも上手い)で、他のいくつかの言語も多少は話せるというほどの語学好き。そんな両親の影響を受けているのかもしれません。

 

僕は特に単語や言い回しを知るのが好きで、そこから日本とは異なる価値観や文化を伺い知ることに面白さを感じます。洋画を観るときも、実際に使われている言葉と日本語の字幕を比べて、その表現の仕方の違いを知るのが楽しかったり。

 

そんな語学好きな僕が特に好きな言葉がいくつかあります。少しだけご紹介。

 

 

"one and only"

英語で"唯一の存在"という意味ですね。個人的には、英語は最上級のものを表現することに長けていると感じます。特に時系列の中での最上級のものについての表現がシンプルだけど凄くカッコいいものばかり(例えばeverという文字が含まれている単語や表現など)。

 


"passione"

イタリア語で"情熱"の意。パッションのイタリア語版です。読み方はパッショーネ。響きが素敵ですよね。単に熱いだけではなく、その響きからは誇り高さと気品を感じます。

 


"bleu"

フランス語で"青"の意。フランス語はあらゆる単語の響きが美しいですが、僕は特に色にまつわる単語が好きです。noir、blanc、rougeなどなど、どれも響きが素敵です。

ちなみに日本では栗のケーキとしてお馴染みのモンブランは、フランス語で"白い山"の意(montが山、blancが白)。また、サッカーのフランス代表は、ユニフォームの色にちなんで レ・ブルー(Les Bleus)、つまりThe Bluesという愛称があります。

 


"ウォーアイニー"

中国語です。僕が小さかった頃、すごく好きだった歌があったのですが、その中に歌詞として出てきた言葉です。意味も知らないままにその優しい響きが好きになったのですが、なぜかずっと意味を調べないまま何年も経ってしまいました。後年、ふとしたきっかけで意味を知ることになり、その優しい響きにとても納得しました。
我愛你。漢字で書くと意味がすぐにわかりますね。

 

 

最近特に頭を悩ませながらあれこれと考えていたのが、写真作品のシリーズ名です。僕の場合、1枚1枚の写真にタイトルを付けることはありませんが、シリーズにはタイトルをつけるようにしています。考えていたのは、今夏の終わり頃に予定している作品撮りのシリーズ名。↓のエントリーで触れた撮影のタイトルです。

 

最後のピース - 今夜はカメラをしまって

 

小さな撹乱 - 今夜はカメラをしまって

 

タイトル決めは本当に難しいです。意味を込めようとしすぎてしまうと、逆に写真を観てくださる方の自由な想像を妨げるものになってしまう。かといってシンプルなものにしようとするとありふれたものになってしまう。散々頭で考えても、結局最後の判断は、感覚的な部分に頼ることになったり。タイトル決めは色々と学びのある作業です。

 

そんなタイトル。良いのが一つ、見つかりました。写真とともに、観てくださる方に何かを感じていただけるものとなれば幸いです。

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph