抑えの効いた技を

今年の年明け1月のこと。

 

ストリートスナップに特化して追求してきた自分だけの表現。どうにか体得しようと4年間追い求めてきた表現を、やっと自分の技として手懐けることができるようなりました。

 

それまでは、自分の理想の表現に対して、当たらずとも遠からずといった状態が長く続いていました。しかし、自分が技を使いこなしているというよりも、技に自分が振り回されている状態であったことは否めなかった。

 

技に溺れてはいない。技に本質は宿らないということも心得ている。けれども如何せんうまく制御できていない。例えるならば、手綱は引いているけどうまく乗りこなせていない。弾を放つことはできるけれども、反動で自分も後ろに吹っ飛ぶ。ドライブのかかったシュートを放つことはできるけど、枠に収まらない。切れ味の良い刀を携えているけれど、それを収める鞘が無い。そんな感じでした。

 

しかし、会得しようとずっと追求してきた技を、ついに自分で制御できるようになったのが1月のとある日のとある瞬間。欧米人がするようなガッツポーズを独り何度も何度も繰り返しました(笑)。自分の意のままに、自分の理想の表現ができる。抑えの効いた完成度の高さ。それを実現できるようになりました。今では手綱をうまく扱える。弾を放っても、反動で身体がブレることも無い。枠内に収まるシュートを打てる。そして...刀はしっかりと鞘に収まっている。そんな感じです。

  

−−「本当に良い刀は鞘に入っているものですよ」

 

中村玉緒さんの本質を捉えた名台詞。僕がずっとずっと大切にしている言葉です。

 

 

これまで掲げてきた自分の理想に自分の技術が追いついてきた今。自分にとってのまた別の新しい表現がどこにあるのかを、これからまた時間をかけて探しにいこうと思う今日このごろです。「きっとこれだな」という予感はあるものの、まだ足を踏み入れることはできていません。また一歩一歩、地道に取り組んでいこうと考えています。

 

 

ストリートスナップのベストシーズンは夏。

今年の夏は、会得した技を取り入れての初めての夏となりました。

 

そんな夏の写真達。お送りできるよう、現在準備を進めています。もうしばらく先のこととなってしまうかと思いますが、どうぞ楽しみにしていてください。観る人それぞれに、それぞれの方の感性と感受性で何かを感じていただけるものとなれば幸いです。

 

f:id:koichihirose:20171015123231j:plain

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph