名も無き創り手

この週末はクリスマスですね。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113026j:plain

 

 

至る所で本当に様々な趣向が凝らされた装飾が、街に華やかさを添えています。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113030j:plain

 

 

週末ともなると、街の装飾の前で記念撮影する人達も沢山。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113103j:plain

 

 

空の青や木々の緑など、そうした自然の色は冬場は薄れてしまいますが、その分、誰かの手による装飾が街に彩りを添える。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113034j:plain

 

 

僕はカメラマンということもあってか、そうした街の装飾を目にすると、いつも創り手の姿を想像します。どんな人が、どんな想いで作ったのだろうか、と。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113039j:plain

 

 

何人かの人達で「今年はどんなのにしようか」と何度も議論を重ねて制作したのかもしれない。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113109j:plain

 

 

強烈な個を持つリーダーがワンマンで指揮を執って制作したのかもしれない。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113112j:plain

 

 

もしかしたら、大した思い入れもなく、ルーティーンワークとしてこなしただけのものもあるのかもしれない。(たとえそうだったとしても、街ゆく人々を惹きつけている。)

 

 

f:id:koichihirose:20171223113115j:plain

 

 

どれも僕の想像です。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113120j:plain

 

 

しかしいずれにせよ、街ゆく人々の目には、制作者の名前も、姿も映らない。制作物にかける想いも、耳にすることは決して無い。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113125j:plain

 

 

おそらくそれが当たり前のことなので、街ゆく人も「誰が作ったのかを知りたい」と思う人はいないだろうし、創り手も「自分(達)が作ったということを知ってもらいたい」とも思っていない。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113133j:plain

 

 

けど、誰かを惹きつけるものを創るというのは、本当に本当に難しいことだし、ものすごく大変だし、膨大な時間がかかる。なかなかできることじゃない。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113137j:plain

 

 

だから...名も無き創り手に光を当てたい。そう思うようになって撮り始めのが、仕事人シリーズ(「PROFESSIONAL」シリーズ)でした。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113141j:plain

 

 

それは肩書上プロかどうかなんて一切関係ありません。"プロ"なんて言葉は人によって定義が異なるし、全く意味を持たないただのお飾り的な単語に過ぎません。大切なのは、その人が手掛けたものが、誰かを楽しませているということです。(缶コーヒーのCMのコピーみたいですね笑)

 

 

f:id:koichihirose:20171223113145j:plain

 

 

初めて撮った「PROFESSIONAL」シリーズの写真。それは、GWの子供の日を前に、誰もいない公園で鯉のぼりを設置している男性の写真でした。作業服を着てヘルメットをかぶり、梯子で木に登って鯉のぼりを幹にロープでくくりつけている姿。あの方がどんな想いで作業をしていたのかは分かりませんが、その姿がすごくかっこよかったのを今でもよく覚えています。

 

 

f:id:koichihirose:20171223113149j:plain

 

 

そんな「PROFESSIONAL」シリーズ。2017年はあまり撮れなかったのですが、近々新しい写真を撮影してまいります。どうぞ楽しみにしていてください。

 

寒さの厳しい折、皆さまご自愛くださいませ。

 

 

Instagram ▶︎ @koichihirose_ph
Twitter ▶︎ @koichihirose_ph